表現や情報の民主化が叫ばれる中、誰しもがデジタル技術を使用して様々な表現を行える時代が到来してかなりの年月が経ちました。デジタルネイティブ世代が出現し、表現の幅が広がる一方、生音の再現や3DCGなどリアリティに近づける技術がどんどん進歩しています。しかし、道具にはそれぞれ「それ自体」でしか表現できない世界というものがあり、デジタルもまた、デジタルでしか表現できない世界というものが存在するはずです。

様々な表現手法がデジタルでできる今だからこそ、あえてデジタルでしかできない表現、デジタルだからこそできる表現を一同に集め、様々な形のパフォーマンスが見られるイベントとしてエレキネシスを立ち上げました。

1984年生まれ。札幌在住サウンドデザイナー/作曲家。幼少よりクラシックギターを宮下祥子に師事。その後、楽典を学び、2006年頃よりサウンドデザイナーとして活動を始める。生楽器、環境音、抽象音などを多用するスタイルにはどこか懐かしさや、あたたかさを感じさせ、映像音楽、空間音楽で好評を得る。作曲~編曲、レコーディング、ミックス、マスタリングエンジニアまでを仕事として行なう。主にTVCM、ウェブ広告、VP、ラジオ、舞台、映像作品等への楽曲や、サウンドロゴ、ジングルの提供、サウンドバックアップとしてのディレクション、プロデュース等が含まれる。自身の美容師としての経験や、ギャラリーでの企画展などの経験からヘアサロン、カフェ、ギャラリーなどのBGMセレクトも手掛ける。

1970年生、1999年VJチームCAD結成。クラブVJだけでなく、コンテンポラリーダンス、現代音楽とのコラボレーション、企業CI、イベント映像等、様々な映像空間の活動を行う。2004年CAD解散後からは様々なアーティストとのコラボレーションを続けながらbeatimage名義でVisualScapeをコンセプトとして活動を行なっている。

北海道網走生まれ。同人音楽の作編曲家としての活動のほか、Max/MSP/Jitterを使用したインタラクティブな映像作品も制作している。現在、同人音楽制作集団の設立に奔走している。

1985年11月3日生まれ。札幌市出身。ミュージカル劇団に役者として7年在籍し、舞台にプロジェクションマッピングの手法を取り入れるために映像を始める。退団後からビデオインスタレーション、モーショングラフィックス、アニメーション、ライブドローイング等の作家/デザイナーとして活動を開始。現在は2011年春に札幌PARCO新館で開催された"THE BIGINNING展"をきっかけにSTUDIO ROCCAに在籍し、札幌や関東圏を中心としたPVをはじめとした映像制作を行っている。

2人組ユニットhindusquadにて活動するハシモトユーゴによるソロプロジェクト。毎週水曜日にSound Cloudに曲を投下し続けるWeekly Track Upload Projectを活動の主軸とする。第2弾は2012.05.31スタート。音場を包み込むリバーブ、左右に広がるディレイ、歯切れのよいスタッタードエディットを駆使し自身のフラストレーションを昇華させる楽曲を提供する 。

1984年生まれ北海道小樽在住。多感な時期に電子音の魅力に魅せられ、以降TechnoDJ/Producerとして"ShoheiTakata"名義で活動。良質でディープなダンスミュージックを制作。2010年ドイツのStatik Entertainmentより12inchでリリースされた楽曲"Last Resort"は国内外から幅広い反響を得た。
2011年末にHiroshi Watanabe、Naohito Uchiyamaらが在籍する東京のFoureal Recordsより"Dream Sequence EP"を発表。現在はダンスミュージックの制作に加え、コンセプチュアルなプロジェクトとして電子音を使った音の表現にも挑戦している。

北海道生まれ北海道育ち。根底をエレクトロニック・ミュージックとして様々な音楽ジャンルを吸収し、主にALTEMA Recordsなどからからリリースを重ねる。2011年7月にはネットレーベル界の頂点に君臨するMaltine Records主催イベントにゲストとして招かれ、同年9月には分解系レコーズ主催Out of Dotsに出演する等、ネットレーベル界に一気に名前が広がる。
2011年11月SenSeよりリリースされたコンピレーションSenSe V.A01/SenSe V.A02に参加。楽曲はもちろん言動からとれる印象で天才との呼び声も高く、今後世界が彼に振り向くのもそう遠くはないはず。

1989年生まれ。北海道在住のデザイナー。映像・グラフィック・ウェブの狭間で活動中。アブストラクトアートに多大な影響を受けながら、様々な方向からの表現を模索している。

札幌出身の23歳、サカイタカミツによるプロジェクト。2011年3月、『AVANT GARDE PARTY SenSe Vol.6』にて初ライブを行い、同年9月、自身二度目のライブにして、Gold Panda札幌公演に出演。生楽器やハード・シンセ、ボーカル・サンプルを多用し、現行のベース・ミュージックにも通ずるサウンドを展開するアーティスト。